2019.11.16 Saturday

かいじゅうたちのいるところ

0

    JUGEMテーマ:写真日記

    JUGEMテーマ:酒類情報発信

     

    先だって東京モーターショー観覧で上京した際、前泊して先ごろ川崎市に転居した長男と夕食を共にすることにしました。

    待ち合わせはJR川崎駅、そして向かった先は駅からほど近いこのお店

    怪獣酒場です。

     

    前回引っ越しの手伝いで川崎を訪れたとき存在を知ったのですが、息子の入居先が宮前区で川崎駅からはわりと遠くて来れずじまいになっていたところです。

    いつかは・・・と思っていたのですが、リベンジの機会は意外と早くやって来ました。

     

    店の入り口ではゼットンがお出迎え。「地球防衛軍 出禁」の張り紙があります。

     

    案内の店員さんから

    「ヒーローに変身できたりしますか〜?」

    と尋ねられ、できないよと答えるとジャミラの真実の口で審判を受けます。

    一連の茶番を経ていざ店内へ、

     

    お通しの代わりにお持ち帰り自由のランチョンマットがもらえます。

     

    お料理はそれぞれ怪獣や星人のおすすめと銘打たれていますが、中身はいたって普通です。

    スペシャルメニューにはそれらしいのもありますが)

     

     

     

    どれもボリュームも有って美味しいです。

     

    そして店内いたるところにそそるディスプレイがあり、すべて撮影OK

     

     

     

     

    シリーズ出演者の方々のサインも飾られています。

     

    モロボシ・ダンやらアンヌ隊員のサイン!ファンにとっては垂涎ものですわ。

    初代ウルトラマンやウルトラセブンで演出を手掛けた飯島敏弘さんのサインもあります。

     

     

    グッズコーナーもあり、

     

    お店で出されるお皿を買って帰ることもできます。(買わなかったけど)

     

    そしてレジにはわかりやすくカネゴン。

     

    ちなみに誕生日(誕生月?)のお客さんはブースカと記念撮影ができるそうです。

    (来年こようかな)

     

    というわけでずっと気になっていた怪獣酒場、やっぱり面白かったー。(息子は世代じゃないのでいまいち盛り上がりませんでしたが)

     

    以前は大阪のなんば花月にもお店が有りましたが残念ながらすでに閉店してしまっています。

    でも新橋に「新橋蒸留所」が有るのでまた今度行ってみよ!。

     

    最後まで読んでくださってありがとうございました。

    (店長)

    2019.11.12 Tuesday

    未来へススメ!

    0

      JUGEMテーマ:車/バイク

       

      今回の東京モーターショーではこれまでになかった新しい試みがいくつかなされていましたが、青海エリアのMEGA WEBで開かれてた「FUTURE EXPO」もその一つです。

       

      自動車関連にとどまらず、様々な企業が最新技術を持ち寄って未来社会像を構築しようというもの。

      このトンネルが未来への入り口です。

      IMGP9408

      トンネルを抜けるとAIのガイドさんが迎えてくれます。

       

      乗り物系ではやはりEV、自動運転そして”空飛ぶ”系が目立ちますね。

      IMGP9414

       

      IMGP9409

      NECのこれは実際に飛ぶらしいですよ。

       

      トヨタの「超小型EV」

      IMGP9416

       

      IMGP9418

      身も蓋もない車名で、乗車定員2名、一回の充電での航続距離100Km。

       

      車格に対して割高であることや高容量電池の開発などや、現状EVが抱えている課題を全部ばっさり切り捨てた、そんな潔さを表したネーミングですね。(あくまで個人の感想です)

       

      課題を切り捨てたおかげで(?)2020年に発売予定だそうです。かつてプリウスで大旋風を巻き起こした時の再現になるのでしょうか。

       

      トヨタLQ。 レベル4の自動運転を実現しているそう。

      IMGP9411

       

      IMGP9413

      ”レベル4”というのは「特定の場所ですべての操作が完全に自動化」だそうで、来年の東

      京オリンピックの会場で実際走らせるらしいです。

       

      こちらは「超小型EVビジネス向けコンセプトモデル」、こちらもそのまんまのネーミングです。

      IMGP9417

       

      このエリアではモビリティ以外でも未来の都市生活やら、未来のスポーツ観戦やら、未来の地方観光やら、未来のコンテンツが盛りだくさん。

      体験するので手いっぱい全く写真撮ってません。(笑)

       

      さて、盛況のうちに閉幕した東京モーターショー2019、

      次回は2021年の開催となります。今回各社が提示したコンセプトは果たしてどこまで実現しているのでしょう。

       

      完全自動運転の実現が2030年ごろと言われていますが(実現はしても普及はまだまだ先だと思うけど)

      その時モビリティはどう進化しているんでしょうかね。

       

      最後まで読んでくださってありがとうございました。

       

      IMGP9382

      (トヨタ車体が提示した未来のミニバン、2030年発売が目標だとか。”ミニバン”というにはかなり違和感のあるフォルムですが・・・)

       

       

       

       

       

      2019.11.08 Friday

      TMS 2019!・続

      0

        JUGEMテーマ:車/バイク

         

        東京モーターショーへ行ってきたお話の続きです。

        前回も少し触れましたが、今年のショーは従来の東京ビッグサイトのほかに新設された青海展示場と隣接するMEGA WEB、さらには青海エリアとビッグサイトを結ぶプロムナード公園にも各種展示がなされていました。

        (再びエリアマップはこちら)

        まずはOPEN ROADから

         

        GT-Rフリークであるウサイン・ボルト選手の金メダルにちなんで造られた特別限定車です。

        IMGP9427

         

        IMGP9426

         

        IMGP9425

        写真では判りにくいですが、ボンネットにはボルト選手のサインが記されていました。

         

        何のレース仕様か忘れたけど86

        IMGP9434

         

        パリダカ(たぶん)仕様のランクル

        IMGP9436

         

        IMGP9438

         

        TOKYO SUPERCAR DAYとのコラボ

        IMGP9451

         

        IMGP9449

         

        IMGP9446

         

        IMGP9456

         

        IMGP9454

        なんか・・・ちょっと言葉が出ないですが・・・

         

        ホンダワークス スーパーカブ!

        IMGP9457

         

        それではもう一つのメイン会場である東京ビッグサイトをのぞいてみましょう。

        IMGP9463

         

        各社コンセプトカーでは・・・

        レクサスも・・・EV

        IMGP9473

         

        IMGP9477

         

        メルセデスも・・・EV

        IMGP9485

         

        IMGP9489

         

        メルセデス・ベンツであることを目一杯アピールしてる・・・

        IMGP9491

        なかなかえぐいテールランプのデザインです。

         

        ホンダも・・・EV

        IMGP9539

         

        三菱も・・・EV(正確にはPHEV、ハイブリッドです)

        IMG_2028

         

        こっちは正真正銘EV

        IMG_2025

         

        そしてマツダもEVです。

        IMGP9496

         

        IMGP9497

        Sky activエンジンのイメージが強いですが、現行車でも各社HVがラインアップされているので流れとしては自然ですけど。

         

        日産ももちろんEVです。

        IMG_2018

         

        では、コンセプトカー以外はというと

        日産といえばGT-Rと

        IMG_2022

         

        IMG_2021

         

         

        IMG_2020

        Zですね。(あくまで個人の感想です)

         

        リーフ!のレース仕様。リーフとは思えないほどカッコいいです。(失礼)

        IMG_2013

         

        レクサスブースではV10エンジン搭載のLFA

        IMGP9466

         

        IMGP9470

        今さら感がハンパないですが、これはシアター内でLFAの運転席で聞こえるエンジン音や走行音を疑似体験するイベントです。

        あー、これなら「あり」だわ!やっぱそそられますV10サウンド!

         

        LFAの実質的な後継車 LC500、コンバーチブルボディは近々登場予定です。

        IMGP9482

        エンジンは残念ながらV10ではなくV8。ま、どっちにしろ高嶺の華だけどね。

         

        三菱の背高軽ワゴン。一応コンセプトカーですが、市販化の意欲満々な感じ。完成度も十分です。

        IMG_2027

         

        海外メーカーの出展が回を追うごとに少なくなる中、

        ALPINA(本家のBMWは不参加)と、

        IMGP9465

         

        IMG_2010

        ALPINE、なんか紛らわしいな。(わざとです)

        ALPINEの親分のルノーは小規模ですが本家の展示も有りました。

         

        ホンダといえばNSX!(あくまで個人の感想です)

        IMGP9536

         

        そして欠かせないのが輝かしいレース戦績です。

        IMGP9552

         

        各グランプリでのマシンが一同に展示されていました。上はホンダにF1初優勝をもたらしたRA272。

        ドライバーはリッチー・ギンサーでした。

         

        初めて世界の舞台で走ったRC142

        IMGP9549

         

        フレディ・スペンサーのNSR500 エンジンは自動車界ではすでに絶滅した2ストローク。V型4気筒です。

        IMGP9553

        ほっそいチャンバー(排気管のことね)がカッコいいわー。

         

        IMGP9554

        フレディはこの年WGP(当時はこう呼ばれていた)500ccクラスと250ccクラス両方でチャンピオンになりました。

         

        このころは自分も二輪に乗っていたのでめっちゃ見てましたね、WGP。

        (でもご贔屓はフレディではなく、同じホンダのワイン・ガードナーだったけど 笑)

         

        ご存知セナのマクラーレンMP・・・いくつだっけ?)

        IMGP9556

         

        2006年 Moto GPチャンプ RC211V、ニッキー・ヘイデンのマシンです。

        IMGP9557

        ニッキーも残念ながら若くして他界してしまいました。しかもレースではなくプライベートでのサイクリングトレーニング中だとか。

        残念にも程があるやろ〜。

         

        ・・・気を取り直して、同じ2006年のBARホンダ

        IMGP9558

        エンジンだけでなく、車体も自社製です。

         

        そしてご存知レッドブル、頑張ってほしいですね。(頑張ってるか)

        IMG_1998

        私的にはホンダの展示ではここが一番刺さりました。

         

        さて、ここまででまた少し長くなってまいりましたので、以降最終章へと続きます。

        最後まで読んでくださってありがとうございました。

         

        IMGP9435

         

        Calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM